FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の保険は率が良い

○3月3日ひな祭りの日
この日にお伺いしましたお宅の奥様が加入していました保険は、

20年ほど前に加入していました保険で、効率が良い保険でした。

効率が良いということは、つまり、補償額の割りに支払い保険料が

少ないと言う事。

○20年前と現在の比較
20歳の女性が貯蓄と死亡保障の目的で加入の比較をすると

加入条件
    加     入=20歳 女性
    支払い期間=55歳までの35年間
    死亡保障額=1000万円
 20年前支払保険料=毎月約6300円×12ヶ月×35年間 合計保険料は264万6千円
 現在の支払保険料=毎月約13850円×12ヶ月×35年間 合計保険料は581万7千円

同じ保険でも、20年前に加入するよりも317万1千円多く支払わないと

1000万円の保障に加入できない事が分かります。

○この保険の見直し案とは?
実際の加入内容は、1000万円の終身保険に入院保障の特約が追加されています。

問題点1、入院保障が20年前ですので5日目からしか出ない。

問題点2、入院日額が5000円しかない。現在は10000円必要

問題点3、入院保障が80歳で終了する

この3つの問題点の内1と3を解決する提案が、加入中の保険会社からあったので

お話しすると、

加入中の保険を下取りして、新保険に加入するもの

新加入内容
    死亡保障は1000万円から500万円に下がる
    入院日額は5000円
    入院保障は終身になる
    これを40歳から65歳までの25年で支払う


毎月の保険料は、下取りするので価格が200万円くらいになる。
これを死亡保障の500万円に当てると毎月3000円×12ヶ月×25年=90万円となる。
医療は7500円くらいなので

合計保険料は、毎月10500円になる。

○でも何かが変新?
でもですよ! 納得できない点があるのです。

死亡保障を1000万円から500万円に下げているのに、なぜ追加で保険料を支払うのか?

今までの死亡保障だけを続けられないのか。

入院を1日10000円に出来ないのかの疑問が残る。

○私からのアドバイス!
先ずは、加入中の保険会社に聞いてください。

聞く内容は?
1、1000万円の終身保険だけを続けられないのか?

2、もし続けられないのであれば、払い済みしたらいくらの保障になるのか?
  注:払い済みとは、保険料の払い込みを停止し、今まで支払った保険料
     の合計額に見合う死亡保障にする事。
     私の計算では1000万円の保険料264万円中200万まで支払っているので
     750万円くらいの死亡保障になるはずである。

1、2、どちらの方法でも良いのこの内容にする。

追加で終身の医療保険に加入する。

終身の医療保険例
    加     入=40歳 女性
    支払い期間=65歳までの25年間
    毎月保険料=7000~9000円

死亡保障は、1000万円または、750万円
    1000万円の場合には、55歳まで毎月6300円
    750万円の場合には、支払いは不要

つまり、今加入中の保険会社の提案と比較すると
加入中の会社
 死 亡=500万円
 医 療=日額5000円
 保険料=10500円
 支払い=40歳から65歳までの25間

私のアドバイス
 死 亡=750万円 :250万円多い
 医 療=日額10000円 :希望通りの日額10000円
 保険料=7000~9000円 :保険料が安い
 支払い=40歳から65歳までの25間

水曜日はこんな提案をしてきました。

保険見直しの情報はこちらで、


FP事務所TFCのホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FPウエキ

Author:FPウエキ
FC2ブログへようこそ!
自己紹介

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。