スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院の実際とは?

●ガンになって、入院となるとどこの病院へ行ったらよいか分からない。

●入院日数が短くなってきている為、短い間に出費がかさむ。

 一時的な出費が重なる。

●これは私からガン保険等に加入していただいてガンになった方数人から聞いたが、

 病院のスキル、専門性によって治癒率が変わってくる。この事は、

 セカンドオピニオンサービスを行っている「ティーペック」でも言っている。


ガン保険の状況が分かるページは、こちら

保険の見直しに役立つページはこちら

つづく・・・


スポンサーサイト

ガンの治療法としては!

がんに対する主な治療法としては、

●局所療法として行われる手術及び放射線療法、
全身療法として行われる化学療法がある。

●がんの種類によっては、

 放射線療法が手術と同様の治療効果を発揮できるようになるとともに、

 新たな抗がん剤が多く登場し、化学療法の知見が蓄積してきたことから、

 進行・再発といった様々ながんの病態に応じ、

 手術、放射線療法及び化学療法を効果的に組み合わせた集学的治療が

 各々を専門的に行う方向になってきている。

●専門的ながん医療を推進するため、専門的にがん治療を行う医師のみならず、

 看護師、薬剤師、診療放射線技師等の医療従事者が協力して

 治療に当たる体制を構築していく方向性である。



ガン保険の状況が分かるページは、こちら

保険の見直しに役立つページはこちら

つづく・・・



ガンにならない為には?

●がん検診の受診率は、「平成16年国民生活基礎調査」によれば、

 あらゆる実施主体によるものを含め、男女別がん種別で見た場合、

 13.5%~27.6%となっている。欧米諸国と比べて低い。

●がん検診の種類は、

 1.胃がん検診、

 2.子宮頚部がん検診、

 3.子宮体部がん検診、

 4.肺がん検診、

 5.乳がん検診、

 6.大腸がん検診
 などがあり、5年以内に検診率を50%まで上げる方針を出している。

●つまり、ガンにならない為には、早期発見が第一である。

健康であっても定期的に検診を受ける必要があると言う事です。


ガン保険の内容が良く分かるページはこちら

ガンの状況2

●現状:がんは、昭和56年より死因の第1位

年間30万人以上の国民が亡くなっている。

●生涯のうちにがんにかかる可能性は

 1.男性の2人に1人、

 2.女性の3人に1人、

 さらに、がんは加齢により発症リスクが高まるが、
 今後ますます高齢化が進行することを踏まえると、
 その死亡者数は今後とも増加していくと推測される。

●小児の死因を見れば、依然としてがんが上位を占めている。

●がんは、

 1.「国民病」であると呼んでも過言ではなく、

 2.国民全体が、がんを他人事ではない身近なものとして捉える必要性がより一層高まっている。

●食生活の欧米化等により、

 1.肺がん、

 2.大腸がん、

 3.乳がん・前立腺がん等については増加傾向にある。

 4.(胃がん及び子宮がん等については、最近10年間で横ばい)

●「平成17年患者調査」によれば、

 継続的に医療を受けているがん患者数は140万人以上と推計、

 1年間に新たにがんに罹る者は現在50万人以上とされている。

●その一方で、初期治療の終わったがん経験者が社会で活躍しているという現状もある。


ガン保険の内容が良く分かるページはこちら

ガンの状況とは?

厚生労働省のホームページから抜粋して掲載します。 

参照 厚生労働省ホームページ

  URL: http://www.mhlw.go.jp/index.html

厚生労働省では、健康のページの疾病のトップに「がん対策基本法に基づき、

がん予防及び早期発見の推進、がん医療の均てん化の促進、

研究の推進等に必要な施策を行っています。」の内容を掲載しています。

この内容のうち特に必要と思われるものに絞り込んで解説します。


ガン保険の内容が良く分かるページはこちら

2.収入保障保険

死亡した時に遺族が保険金を受取るわけですが、

保険金を一括で受取るのではなくて、

"毎年"又は"毎月"亡くなったご主人の給料の代わりに受取れます。


例えば、満期を定年退職の60歳にすると、定年退職までの間に給料の代わりに受取れます。

また、保険会社によっては、満期までにもらう保険金を全額受取れたり、

受け取り期間を短くして1回の受取額を大きくすることが出来ます。

つまり、子供の成長や家計の状況によって、受取りかたを選ぶことが出来るのです。

(受取り期間を短くした場合、受け取り総額は下がります)

収入保障保険の内容が良く分かるページはこちら




1.終身保険

死亡した時には遺族が保険金を受取り死亡整理費用、葬儀費用等に使います。

保険金は、300万円から500万円くらいで加入する方が多い。

 「その保険だったら、入っているから大丈夫だ!」と、言う方が多いのですが、

この保険の特徴は、支払いが完了した時点で、

支払い保険料の合計よりも解約した時の払戻金の方が多くもらえる事です。
(但し、保険会社、商品によって違います)

 また、払戻金は年金として貰うことも出来ます。

つまり、死亡保障付きの貯蓄として使えると言えます。

終身保険の加入についてはこちらが参考になります

必要な保障内容とは

生命保険で"保障内容"のお話しをすると、頭が痛くなるほど難しいと思いがちですが、

生きる為に必要な保険を考えると、6種類に分かれます。


1.死亡整理費用、葬儀費用等の為に準備する終身保険。

2.ご主人に万が一の時に残された家族が生活する為に準備する収入保障保険。

3.入院した時に必要になる医療保険。

4.これからの日本は老人社会。介護が必要になった時の為に準備する介護保険。

5.老齢化社会を迎えるにあたり自己防衛の為に準備する年金保険。

6.可愛い子供の進学費用の貯蓄の為に準備する学資保険。

 今までの保険では、全部の保障を組み合わせた"セット"の保険でしたが、

これからは、1つ1つ必要な保障を、必要な用途に合わせ、予算に合わせて加入する事ができます。


安心できる保険の見直しとは!

札幌での保険見直しは【FP事務所TFC】


4.支払い保険料はいくら?(2)

長年勤務した会社も定年退職を迎え、これからはゆっくりした老後を過ごせると決め込んでいるあなた!

安心してはいけません!


毎月の支払いはまだ終わりません。

加入中の保険によっては、毎月の支払いが続くの場合が有ります。

つまり、収入も無いのに2~4万円の保険料を毎月支払わなければならないと言う事なのです。

確認してみてください。


 さっそく、生命保険の保険証券を引っ張り出して、見てみようと考えたあなた!

 その前向きな姿勢はすごく大事なことです。


安心できる保険の見直しとは!

札幌での保険見直しは【FP事務所TFC】

3.支払い保険料はいくら?(1)

一生涯で一番お金のかかる時期はいつでしょう?

 それは子供が高校・大学へ進む時期です。

2人~3人兄弟ですとその費用は、×2倍、×3倍となる訳で、
お父さんはにとっては一番大変な時期になってきます。


 そんな時に加入中の保険の更新時期になるわけですが、
保険料は今までの2倍から4倍になる場合が有ります。


つまり、今まで保険料が2万円でしたら4万円~8万円となるわけです。

今入っている保険は安心できる保険料でしょうか?

 確認してみてください。もちえろん、保障は下げるわけには行かない時期です。

このページの「結婚して家族が出来た時の加入例」が分かりやすい


札幌での保険見直しは【FP事務所TFC】




プロフィール

FPウエキ

Author:FPウエキ
FC2ブログへようこそ!
自己紹介

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。