スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院の実際とは?

●ガンになって、入院となるとどこの病院へ行ったらよいか分からない。

●入院日数が短くなってきている為、短い間に出費がかさむ。

 一時的な出費が重なる。

●これは私からガン保険等に加入していただいてガンになった方数人から聞いたが、

 病院のスキル、専門性によって治癒率が変わってくる。この事は、

 セカンドオピニオンサービスを行っている「ティーペック」でも言っている。


ガン保険の状況が分かるページは、こちら

保険の見直しに役立つページはこちら

つづく・・・


スポンサーサイト

ガンの治療法としては!

がんに対する主な治療法としては、

●局所療法として行われる手術及び放射線療法、
全身療法として行われる化学療法がある。

●がんの種類によっては、

 放射線療法が手術と同様の治療効果を発揮できるようになるとともに、

 新たな抗がん剤が多く登場し、化学療法の知見が蓄積してきたことから、

 進行・再発といった様々ながんの病態に応じ、

 手術、放射線療法及び化学療法を効果的に組み合わせた集学的治療が

 各々を専門的に行う方向になってきている。

●専門的ながん医療を推進するため、専門的にがん治療を行う医師のみならず、

 看護師、薬剤師、診療放射線技師等の医療従事者が協力して

 治療に当たる体制を構築していく方向性である。



ガン保険の状況が分かるページは、こちら

保険の見直しに役立つページはこちら

つづく・・・



ガンにならない為には?

●がん検診の受診率は、「平成16年国民生活基礎調査」によれば、

 あらゆる実施主体によるものを含め、男女別がん種別で見た場合、

 13.5%~27.6%となっている。欧米諸国と比べて低い。

●がん検診の種類は、

 1.胃がん検診、

 2.子宮頚部がん検診、

 3.子宮体部がん検診、

 4.肺がん検診、

 5.乳がん検診、

 6.大腸がん検診
 などがあり、5年以内に検診率を50%まで上げる方針を出している。

●つまり、ガンにならない為には、早期発見が第一である。

健康であっても定期的に検診を受ける必要があると言う事です。


ガン保険の内容が良く分かるページはこちら

ガンの状況2

●現状:がんは、昭和56年より死因の第1位

年間30万人以上の国民が亡くなっている。

●生涯のうちにがんにかかる可能性は

 1.男性の2人に1人、

 2.女性の3人に1人、

 さらに、がんは加齢により発症リスクが高まるが、
 今後ますます高齢化が進行することを踏まえると、
 その死亡者数は今後とも増加していくと推測される。

●小児の死因を見れば、依然としてがんが上位を占めている。

●がんは、

 1.「国民病」であると呼んでも過言ではなく、

 2.国民全体が、がんを他人事ではない身近なものとして捉える必要性がより一層高まっている。

●食生活の欧米化等により、

 1.肺がん、

 2.大腸がん、

 3.乳がん・前立腺がん等については増加傾向にある。

 4.(胃がん及び子宮がん等については、最近10年間で横ばい)

●「平成17年患者調査」によれば、

 継続的に医療を受けているがん患者数は140万人以上と推計、

 1年間に新たにがんに罹る者は現在50万人以上とされている。

●その一方で、初期治療の終わったがん経験者が社会で活躍しているという現状もある。


ガン保険の内容が良く分かるページはこちら

ガンの状況とは?

厚生労働省のホームページから抜粋して掲載します。 

参照 厚生労働省ホームページ

  URL: http://www.mhlw.go.jp/index.html

厚生労働省では、健康のページの疾病のトップに「がん対策基本法に基づき、

がん予防及び早期発見の推進、がん医療の均てん化の促進、

研究の推進等に必要な施策を行っています。」の内容を掲載しています。

この内容のうち特に必要と思われるものに絞り込んで解説します。


ガン保険の内容が良く分かるページはこちら

プロフィール

FPウエキ

Author:FPウエキ
FC2ブログへようこそ!
自己紹介

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。